LUXE (tcd022)の評価と感想!サロン集客用テンプレート

2015y05m28d_131004750

LUXE (tcd022)は、美容サロンの集客力を上げるために必要不可欠なワードプレステンプレートだと思います。元々このテーマは、美容サロン,結婚式場,レストランの集客力をアップさせるために作られたそうですが、見た瞬間に異空間に弾きこまれるような構成力で、訪れた訪問者を逃がしません。

 

美をテーマとするブログ相性がバッチリ。見た目で相手を説き伏せるための最高のテンプレートだと言えるでしょう。

 

2015y05m28d_131836038

 

ヘッダー画像を見た瞬間思わず行きたくなる工夫が凄い!

LUXE (tcd022)はシリーズの中でもヘッダーのインパクトがMAXですね。部屋をのぞきこむようなトップページデザインの下に、連続したスライド画像があるため、思わずクリックしているうちに、気分は海外旅行者です。5枚のスライダーが切り替わるので、インパクトは十分でしょう。

 

また、この画像切り替えなのですが、テンプレート上ですぐに対応できるため、季節の新サービスが始まった場合、トップページで真っ先に告知をすることができます。

サロンはイメージ勝負の部分もありますので、魅せて分からせる集客用のテンプレートは非常に貴重ですね♪

 

ニュースページがあるのでSEO対策もできている

写真を多く使ったワードプレスのテーマの場合、文字量が少なくなり、SEO対策が出来ないことも多いのですが、「LUXE (tcd022)」の場合は、ニュースページがあり、文字を主体としたコンテンツを増やすことができるので、集客機能も優れていると思います。

 

サロンスタッフが自分たちでニュースを発信して、ブログでの集客を図る、そんな戦略にも使えると思います。ワードプレス自体がSEOに強いブログなので、見た目のインパクトと合わせることで、相乗効果が発揮できると思います。

 

スマホ表示も美しく、予約サイト作成にも適したテンプレート

また、今の時代、サロンの予約はスマホからしてくる方がほとんどです。写真が多いホームページテンプレートは、スマホ表示が遅く、デザインが崩れているために、顧客が予約しにくい場合も多いのですが、このテーマはスマホ表示が自動で最適化されますので、出先からスマホで検索してくる見込み客を逃さないと思います。

このようにLUXE (tcd022)は美をテーマとしたサロン運営には必須のテーマです。見た目をあげれば集客が増える。これも一つの真実なので検討してみてはどうでしょうか?

関連記事

コメント

    • TY
    • 2015年 6月 12日

    大変参考になります
    ありがとうございます!!

    http://design-office-m-plus.com/%EF%BD%94%EF%BD%83%EF%BD%84%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%EF%BD%93%EF%BD%85%EF%BD%8F%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%A0%86%E7%95%AA

    上記を参考にタグを変更したのですが

    記事作成時の 見出しタグは

    h2
    h3
    h4

    の順で使用していけばよいでしょうか?

    それとも

    h3
    h4

    のみを使用すべきでしょうか?

    デフォルトでh3 h4 しか装飾された見出しがないみたいですが

    h2 は記事で使用するのは良くないってことでしょうか?

    P.S 見出しタグの装飾アレンジ方法など記事にしていただけないでしょうか?
    もしくは有料にてお願い出来ないでしょうか?

    よろしくお願いします。

      • nihongo1000
      • 2015年 6月 17日

      見出しタグの配列はh2~4に順番に行けばいいと思いますよ。
      私はH1~H4までを順番に使い分けてます。

      見出しタグの装飾?どのレベルまででしょうか??
      クイックタグプラグインを使えばそんなに難しくないハズ・・・。

        • TY
        • 2015年 6月 18日

        ありがとうございます

        h2も使用して、記事を書きたいと思います

        装飾は 自分の好きな画像をアップして、デザインを変えられたら
        と思っています

        よろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る